【セキュリティ】関係者と共有しながらファイルを管理する際に注意すべきセキュリティの基本

関係者と共有しながらファイルを管理する際には、どのようなことに注意するといいのでしょうか?
ここでは、関係者と共有しながらファイルを管理する際に注意すべきセキュリティについてご紹介しましょう。

一般的に、関係者とファイルを共有する時には下記の3つの方法のいずれかをとります。

  1. USBメモリ、HDD(ハードディスクドライブ)などを使って媒体経由で共有する。
  2. クラウドストレージサービスを使って共有する。
  3. メールに添付して送付・共有する。

いずれの方法も、サービス・ツールそのものに何段階かのセキュリティ対策(例:暗号化など)が取られています。

自分でできるセキュリティ対策としては、やはりファイルそのものへの開封パスワードを設定することでしょう。特に、覚えきれないからといってiDとパスワード一覧を単なるテキストファイル(*.txt)などに保存して、パスワードなしで置いておくのは非常に危険です。よくアクセスするために、うっかりメールに添付してしまったり、USBメモリにコピーしっぱなしで忘れてしまったり・・・ということもあります。

ちなみに、以前ではファイル共有ソフトを使用するケースもあったようです(例:BitTrrentなど)。ファイル共有ソフトというのは、ファイルをネットを使ってP2P(ピアツーピア)という技術でやり取りするものです。
利用する人は、ファイル共有ソフトをネットに繋がれた自分のパソコンに導入することによって、ファイルを別の使っている人とやり取りできるようになります。
しかし、ファイル共有ソフトは、ファイルを自動的に送受信するようになっているので、ファイルの違法なものをやり取りする場合に使われたり、ウイルスが感染することでネット上に公開したくないファイルが流れたりするというようなトラブルが多く起きています。
このようなトラブルを防止する一番確実な対策としては、(便利なツールなだけに残念ではありますが)ファイル共有ソフトを絶対に使用しないことです。

ファイル共有ソフトで特に重要視する必要があるのは、ウイルスに感染すると被害とリスクが非常に大きくなることです。
ファイル共有ソフトを使っているというのは、自分のファイルをネット上に公開される恐れがあります。
ウイルスに感染することによって、公開するためのファイルとは違ったファイルを公開するようになると、パソコンのハードディスクの全ての内容がネット上に流出するリスクさえもあります。
つまり、ファイル共有ソフトを使っているパソコンの場合には、普通の電子メールの利用やホームページの閲覧に比較して、情報漏洩のリスクが非常に高くなります。

また、ファイル共有ソフトの場合には、ファイルのそれぞれのコピーが大量にネットワーク内に作られる恐れがあります。
そのため、一度拡散してしまったコピーファイルの全てを完全に削除することは実際にはできないでしょう。

このことが、情報漏洩のトラブルが拡がる要因の大きなものになっています。
このように、ファイル共有ソフトを使うことは、情報漏洩のリスクが非常に高くなることを把握しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です