【セキュリティ】ファイルが流出しても悪用されにくい簡単な対策

情報漏洩トラブルのネット上に公開されたものは、要因としては管理間違い、紛失、誤操作などの「人」によるものが約9割を占めるそうです。
では、このような情報漏洩トラブルの対策として、例えば、ファイルが流出しても悪用されないためにはどうすればいいのでしょうか?

対策としては、ファイル暗号化ソフトで、機密情報や個人情報などの大切なファイルについては情報漏洩対策の高度なものを行う、証跡管理を外部へ持ち出されたファイルについて行う、情報漏洩トラブルが起きても情報を遠隔から削除する、というようなことができます。

ファイル暗号化ソフトの場合には、ファイル暗号化対策をファイルに対して行うので、データが流出する経路は関係ありません。
ファイルが流出しても、ファイルの制御設定を管理者が変えたりすることもできます。
また、ファイルをメールに添付する場合や、ファイルをクラウドストレージへアップロードする場合など、自動暗号化にもいろいろなシーンで対応しています。
ファイルを自動で暗号化することで、自動的に情報漏洩のヒューマンエラーによるものを防止します。

機密情報や個人情報の大切なファイルについて情報漏洩対策の特に高度なものを行いたい、証跡管理をファイルの外部へ持ち出したものについて行いたい、情報漏洩トラブルが万一起きても情報を遠隔から削除したい、というような情報漏洩対策における問題が解消できます。

ファイル暗号化ソフトを使用すると、ファイルが流出しても悪用されるリスクを低減することができます。
さらに、大切なファイルへ社外からアクセスした履歴を管理することができます。
ファイルを社外で閲覧する場合は、権限が必要になります。
ファイルが流出しても、悪用されることなく削除が遠隔からできます。
基本的に、ファイル暗号化ソフトを使ったファイルを閲覧する場合は、ネットに繋がる環境で、しかも閲覧用プログラムでのみ可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です