【セキュリティ】セキュリティ対策の考え方

会社や組織にとっては大切な情報を取り扱っています。
このような情報にとっては脅威になるセキュリティ面においては、いろいろなリスクがあります。
そのため、会社や組織の情報のセキュリティ対策としても、さまざまなものが必要になってきます。
では、会社や組織の情報のセキュリティ対策としては、どのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、会社や組織において発生する恐れがある情報のトラブルとセキュリティ対策についてご紹介しましょう。
会社や組織における情報のセキュリティ対策を考える場合には、考え方の参考にしましょう。

会社や組織における情報のセキュリティ対策としては、

  • ウイルス感染の対策としては、ウイルス対策ソフトの導入、リスクがあるサイトに対するフィルタリング、ソフトの更新など
  • 不正侵入の対策としては、パスワードの管理、侵入を防ぐシステムの導入、ファイヤーウォールの導入、ソフトの更新、ログの管理と取得など
  • 情報漏洩の対策としては、ファイヤーウォールの導入、顧客のデータ管理、パスワードの管理など
  • 災害などでの機器トラブルの対策としては、バックアップ、無停電電源装置の導入、設備の管理など

では、このようないろいろなリスクに対して、必要な対策を被害が実際に起きる前に講じておくにはどうすればいいのでしょうか?
組織としては、事前にセキュリティ対策の規則と方針を決める必要があります。
そして、社員の全てにセキュリティについて教育して、セキュリティ対策に沿った行動を行うよう、意識させることが必要です。
社会の変化や組織の実態に応じて、セキュリティ対策の行動指針や方針を定期的に見直す必要もあります。

このようなセキュリティ対策の行動指針や方針を策定することから実際の運用・見直しまでの全体の活動は、情報セキュリティマネジメントと言われています。
会社や組織の場合には、会社の幹部の指示によって、確実に情報セキュリティマネジメントを実行する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です