【セキュリティ】csvファイルなどのパスワード忘れに注意

大切なcsvファイルなどをメールに添付して送る場合は、送るファイルが万一誤った送信先に送られたり、盗み見されたりすることによって、内容が漏洩する恐れがあります。
では、このようなリスクを防止するためにはどうすればいいのでしょうか?
このようなリスクを防止するためには、パスワードロックをメールに添付するファイルに掛けるのが最もおすすめの対策になります。
では、どうしてパスワードロックがメールに添付するファイルには必要なのでしょうか?
というのは、メールには情報が漏洩するリスクがあるためです。

メールというのは、郵便をネットで送るようなものです。
ファイルやメッセージを特定の相手に送る場合には便利であるため、プライベートやビジネスなどの場合に幅広く使われています。
メールは、すでに一部の社会インフラとしての役目があると言ってもいいくらい頻繁に使われていますが、情報が漏洩するリスクがメールにはあります。
メールは、人から人へ専用のサーバーであるメールサーバーと言われるものを通して送られるようになっていますが、情報をこの過程で盗み見ることが技術的にできます。

また、間違って送信するところのメールアドレスを入力すると、違った相手に届く恐れもあるので、メールに大切なファイルを添付して送る場合にはセキュリティ対策を何等か行うことが必要です。
そのため、メールに添付して送る大切なファイルには、ロックをパスワードで掛ける方法がおすすめです。

これであれば、メールを間違った相手に送ったり、盗み見されたりした場合でも、メールに添付したファイルが見られる恐れが少なくなります。
そのため、有効なセキュリティ対策になります。

メールというのは、間違って送られるものである、盗み見されるものである、という意識を持っておきましょう。
そして、情報がこのような場合でも漏洩しないように、基本的にパスワードロックの対策が必要があるということを知っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です